SSブログ

片親疎外の作り方 とある団体の公式見解に最大限の抗議をする。子どもに自分の親に会いたくないと言わせてはいけないこと [家事]


離婚や別居で、子どもが一方の親とだけ同居している場合、
子どもが、もう一人の一緒に住んでいない親に対して
「別に会いたくない。」
という現象があります。

ちょっと考えてみればわかるのですが、
自分の親ですから、会いたくないわけはありません。
両親が喧嘩をしていても
子どもはもう一方の親とも
仲よく遊んだり、普通に話をしていたというケースが
ほとんどです。

ではどうして会いたくないというのでしょうか。
詳しくは考えたところを既にお話ししていますので。
調査官調査に対して子どもが別居親に「会いたくない」と言う理由
https://doihouritu.blog.ss-blog.jp/2019-01-29
こちらを参考にしてください。

簡単に言うとこういうことです。

子どもは、今まで一緒に暮らしていた片方の親が
突然自分の目の前からいなくなっていますし、
その原因が十分理解できていません。

このため、親は突然いなくなるかもしれない存在だ
という不幸な学習をしてしまっていることになり、
今一緒にいる親も突然いなくなるのではないか
という不安におびえて精神的に不安定になっています。

また、ちいさい子どもは、
自己中心的にしか物事を認識できませんから
自分が悪い子だから、何か自分に落ち度があるから
もう一方の親は自分に会いに来てくれないのだ
と考えてしまうようです。

これは親を過労死で亡くした子どもも
同様の苦しみを見せることがあります。

ただでさえ、子どもは親の顔色を窺って成長していくものですが
一方の親と会えない子どもは
この傾向がいやがうえにも高まる場合があるわけです。

そうすると、親の意向に沿う自分でありたい
という感情が自然と強くなります。
一緒に住んでいる親をつなぎとめておきたいと
かわいそうにも思ってしまいます。

同居している親が、一緒に暮らしていない親を悪く思っていて
子ども会わせたくないという強い気持ちになっていることは
子どもは簡単に見抜いています。親子ですから。

また、親が子どもに対して、自分の味方になるよう要求する場合もあります。
自分の味方になるということは、子どもからすれば
一緒に住まない親と自分と同じように敵対しろということと同じ意味です。

子どもは、自分が、
一緒に住んでいない親と会いたいと言うと
同居親を悲しませたり、失望させたり、怒らせたり
場合によっては自分を嫌いになるのではないかと
色々な思いで、
「別に会いたくない」と言っているわけです。

少し子どもの年齢が高くなると
そういう感情的になる同居親が煩わしくなって面倒くさく
「別に会いたくない」という場合もあります。

それでも一緒に住んでいる親も
子どもが会いたくないと言っていても
本当は会いたいだろうなと気が付いているようです。
親子なので、子どもが無理していることは気が付きます。
しかし、
「支援」者たちは、その子どもに対する愛情なんてありませんから
子どもが「会いたくない」と言ったというそれだけの事情で
子どもに一緒に住まない親と会わせることは
子どもの意思を無視した「面会の強制」だというのです。

科学も、人情もない人たちが実際にいますし
そういう子どものことを考えていないことがはっきりしている見解を
得意になって正式に公表している団体もあります。
恥ずかしい限りです。
醜悪です。

それがどのように罪深いかが今回のテーマです。
どうか耳をふさがないで聞いていただきたいと思います。

子どもが会いたくないということは
一緒に住んでいる親の気持ちを感じ取って言っているだけで、
もう一人の親のことまで考えて言っているわけではありません。

しかし、会いたくないと口にした後で
自分の「会いたくない」と言った声が耳から聞こえてきます。
記憶に残ってしまいます。

年齢や性格によってもだいぶ違うのですが、
子どもは、もう一人の親の気持ちを想像してしまうことがあります。
一緒に住んでいない親と同居中に一緒に遊んだときなどの、
楽しい思い出を思い出しているとき
その親が笑顔で自分に優しく話しかけている時を思い出したとき、
自分の「会いたくない」という声が聞こえてくるわけです。

自分はなんてひどい人間なのだろうと
自己嫌悪になると同時に
申し訳ない気持ちになるようです。

もう一人の親に会えない理由は自分が悪いからだという
罪悪感に苦しめられることがあるようです。

人間の心は、その罪悪感に耐え続けるようにはできていません。
それなのに耐え続けてしまったら
だんだんと
自分はなんてひどい人間なんだ
こんな自分は価値のない人間だ
幸せになる資格がない人間だ
という自己評価が低くなってしまう危険があります。

人間は、本能的にこのような絶望を回避する
心のメカニズムがあるようです。
ちょうど熱いものに触ったら反射的に手を引っ込めるようにです。

どうやって罪悪感を感じにくくするか
それは、
自分が悪いのではなく、
一緒に住んでいない親が悪い人間だからこれで良いのだ
という正当化、合理化です。

一緒に住んでいる親の言うとおりだ
あの親は、一緒に住んでいる親を散々苦しめたのだ
自分が会う価値のない人間だ
自分と会って楽しむ資格のない人間だ
と一緒に住んでいない親を繰り返し否定していくことです。

親の前でも家裁の調査官の前でも
積極的に一緒に住んでいない親の悪口を言うようになります。
どんなに自分が苦しめられたか
記憶を変容させてありもしない事実を
さもあったかのように告げる子どもも少なからずいます。
(客観的事情から虚偽だったことが証明された事案だけでも驚くほど多い)

本当は些細な出来事だったのに
自分が泣いたという記憶と
別居後に作り上げた親の悪性格を
無理やり記憶の中で結びつけるわけです。
そしてそれが本当に起きたことだと
記憶を変容させるようです。

そのような虐待や悪感情が無くても
同居中に厳しくしつけられていれば
親が自分のことを想ってやっていたことでも
親の悪性格が原因で不必要に厳しく当たった
つまり虐待だったというように記憶を変容させるのです。

これは自分を守るために行う自動的に進行するプログラムです。

では、罪悪感を解消できたのであれば
めでたしめでたしでしょうか。

とんでもありません。
もしかしたら罪悪感に苦しみ続けるよりも
悪影響が出てくるかもしれません。

つまり、罪悪感を感じなくするために
新たに罪悪感の理由となる行為を上書きしていくわけですから
最初の罪悪感が消えても
上書き行為の罪悪感が新たに加わるからです。

それでは、
罪悪感を感じなくなるまで
一緒に住んでいない親を否定しきったらどうでしょう。

これまで述べてきたことは
「片親疎外」という現象が現れるメカニズムです。
この片親疎外の最大の問題(子どもが受ける深刻な影響)が
親を否定しきるということなのです。

ちょっと考えればすぐ気が付くことですが、
自分(この場合子ども)という存在は
半分はその親の遺伝子を受け継いでいるわけです。
(昔は血を分けたという言い方をしていましたね)

自分のルーツの半分を否定しまったとすると
「自分とは何か」ということ考えるようになった場合、
自分が極めて不安定な存在だということなり、
自分とは何か分からなくなってしまうとされています。

自分は、完全に否定するべき親と
全面的に支持し助けなければいけない親という
完全に対立する性質を持つ親の子どもだ
ということになってしまうからです。
じゃあ、自分は何者だということが分からなくなることは
想像しやすいのではないでしょうか。
これが起きる時期は15歳ころだとされています。

他人は、「人は親がすべてではない」と簡単に言いますが
本人は、そう割り切ることはできません。
当たり前だと思います。
他人や支援者は、ちょっと考えればわかることを
考えようとしません。
子どもと一緒に暮らしている親の「支援」で頭がいっぱいだからです。

片親疎外が完成してしまうと
自分というものが何だか分からなくなり
自信を持てなくなり
自分が幸せになることはできないのではないか
自分が生きている価値があるのだろうか
という感覚になる危険があるわけです。

15歳くらいから引きこもりがちになり
20歳前で精神科病棟に入退院を繰り返すお子さんたちを
何人か見てきました。

しかし、病院は、片親疎外という知識がありませんでした。
あったとしても、少なくとも治療の方法を身に着けていないようです。
なかなか良くなることはありません。
統合失調症、人格障害などと病名をつけていたところもありました。

そのうちのおひとりは一緒に住んでいない親御さんと
交流をすることができるようになり
就職ができるまでに回復しました。
一緒に住んでいた親御さんも
もう一方の親との交流に頑張って協力されたことがわかります。

その他の事例はその後連絡が取れなくなっているので
お子さんが社会復帰できたのかわかりません。
大変心配です。

子どもは、体が成長するということはみんな知っていますが
心も成長するということは
あまり意識されることがないようです。
自分の振る舞いで子どもの心の成長を阻害することに
一緒に住んでいる親は気が付きません。

子どもが自分を思いやって
一緒に住んでいない親の悪口を言っても
「あなたの親なのだから悪く言うのはやめなさい」
という方は必ずしも多くないように感じています。

自分の心を守ることで精いっぱいだからです。

子どもは成長するものだということは、
今子どもに問題が生じなければそれで良いというわけではない
ということなのです。
このままでいると子どもが何年後かに悪い影響が出てきてしまう
という今は見えないけれど、
将来の子どもの成長を見通して
子どもがどうあるべきかという考えをもつことが
なかなか家庭裁判所でもできていないと今日も実感しました。

子どもは自分で自分の将来を見通すこともできませんし
両親が仲良くしていてほしいという
当たり前の希望も、
自分の胸にしまってしまい
自分でも気が付かないふりをしているわけです。

「子どもの意思を尊重する」と
さも、もっともらしいことを言って
子どもに「会いたくない」と言わせて
ほらだから会わせないんだ
強制はするななどということが
いかに愚かしく、子どもに対して残酷なことか
少しでも多くの方に理解していただきたいです。

子どもの一番言いたいこと
「お父さんとお母さんと仲良く笑って安心して暮らしたい」
という意思を
誰も尊重しようとしないではないですか。

自分達に都合の良いときだけ
子どもの意思を尊重するという大人たちに
強烈な嫌悪、憎悪を覚えます。

片親疎外の悪影響を受けることは
子どもの自己責任ではありません。
両親、裁判所をはじめとする法律家という大人の責任です。

片親疎外はお子さんの性質や
一緒に暮らしている親御さんのふるまい
親以外の人間交流によって
影響が出るお子さんと出ないお子さんがいます。
それは間違いないようです。

ただ、一緒に暮らしている親御さんと
一緒に暮らしていないもう一人の親御さんと
両方から養育されて、愛情を感じているお子さんには
確実に片親疎外は出ません。
簡単に防止できることだと言えます。

子どものことを何も知らないで
勉強もしないで
ちょっと考えればわかりそうなことも気が付かず
つまり人間の心、情を忘れて
冷酷な意見表明をしている人たちは、
子どもを危険にさらしていることに
生まれてきた意味を見失う子どもたちが生まれることに
どうやって責任を持つというのでしょうか。

わからないことは黙っているべきだと思います。
物言わない子どもの利益を全く考えない考えを
心から軽蔑します。


nice!(0)  コメント(5) 

nice! 0

コメント 5

倉田  綾

考え方が愚かしいですね。
当然これに当てはまる子供は沢山居るでしょう。
しかし、私の様に虐待をし続ける同居親と一緒に暮らしていて、何処に安心感など見出す事等できるのですか?
私は父が家へ近寄らなくなってきた4歳の時に、包丁を使っての切腹自殺をはかりました。
父の居ない母との生活を考えただけでも、最悪な絶望感しか無く、将来の事など考えられ無かったのです。
その気持ち、御理解出来るのでしょうか?
その時に私が抱いた感情は「死ぬべきなのは私じゃない!」と言う強烈な思い。
その時の傷は今でも残っています。
母が夜中に父と口論をする。
当然私もその時の事は鮮明に覚えています。
物静かな父を一方的にヒステリックな声で責め立てる母。
それが何度も続き、父は殆ど家に帰って来られなくなりました。
まだ幼稚園の私にでさえ、悪いのは母だと言う事は、ハッキリ判っていました。
この人が私と父を追い詰めてる。
それ位の事を判断出来る子供も居るんです。
父は遂には仕事にも行けず、独り電気の着いていない和室の隅に体育座りをして、膝に顔を填めながら独り言をブツブツ言う様に迄なってしまいました。
その時の父の姿や、私を部屋から追い出し、そんな状態の父をどんどん追い詰める言葉を発する母。
そんな母の何処に安心感等持てますか?私自身も話す事さえ許されない虐待を受け続けているのですよ。
その父を守れない自分の弱さがどれだけ悔しかったか、想像付きますか。
母は、常に父を悪い様に言ってばかりいました。父方の祖母が小料理屋を営んで子供達を育てて居たので、「所詮は水商売の子供。ろくな人間じゃない」
等と、散々毎日毎日言い続けました。
私と違い、母に可愛がられていた姉は母の言葉を信じ切って、大人になっても父の事は死んでも許さないと言っていました。
小学校の2年生の時に、正式に離婚が成立し、父と離れ離れになってしまいました。
もう誰も優しい言葉を掛けたり、頭を撫でてくれる存在も居なくなりました。
そんな私は父の若い時に瓜二つと言われる程似ていたので、母の気分次第のヒステリックな言葉での虐待も、直接的な身体への虐待も、どんどんエスカレートしていきました。
私はずっと会えずに居た父を大人になる迄求め続け、同居している母を恨み続けました。

掻い摘んだ物でさえ、この様な状態だった私が、このブログや専門家の意見にどれ位当てはまると言うのでしょうか。
母はただの毒親とは思っていません。
私と姉の間に1人子供を宿していました 。祖父は上級国民。歩いて三分もしない所に住んで居ましたので、金銭的な悩み等は一切ありませんでした。しかし、母のヒステリーで精神を病んで居た父は夜は飲みに行き、中々帰って来ません。母はその父への当てつけに、誰にも相談せずに、その子を突然堕胎してしまいました。
私は当然産まれて居ませんでしたから、高校生の頃まで、何故私の姉妹か兄妹になる筈だった人を堕胎したのかを全く知りませんでした。
その時から私にとっては母は毒親では無く「私の兄妹を殺した殺人鬼」にしか見えなくなりました。

殺人鬼で虐待をする母と、離婚時に私を残して行けないと奮闘をしてくれていた父。

どちらの元へ私が行きたかったか、容易に想像がつくと思うのですが。

私はずっと私を守ろうとし続け、父は今でも会う度に「助けてあげられなくて、本当にごめん」
と言い続けています。
私は当然父に「最初から恨んでもいないんだし、もう謝らないで」
と、何回も言っても、やめてはくれません。
それだけ父の中にも深いトラウマとして残って居るのだと思います。。。

大人の犯罪者のプロファイリングを作る事が出来るのであれば、子供のプロファイリングを作る事も出来るのでは無いでしょうか?

よく、「子供の記憶が残り始めるのは4歳頃から」
と言うのも、1部の子供にしか当てはまりません。
私と同様に、幼い内から虐待を受けていた人の記憶は、大体2歳から3歳頃から始まります。
私はその事を
「自己防衛の気持ちが先に育ってしまった為」
つまりは、虐待から自分を守る術を早く身に付けなければ、と言う本能がそこにあるのだと思っています。


長文になり、失礼しました。
by 倉田 綾 (2021-06-11 21:19) 

irenwFrert

<a href=https://www.penna.ru/catalog/Parker/Sonnet/PR50F-BLU1CT>Parker купить ручку в Москве</a> или <a href=https://www.penna.ru/catalog/Parker/Urban/PR80R-MLT12>купить ручку Parker в Москве</a>

https://www.penna.ru/catalog/Parker/Parker-IM/PR60S-MLT4
by irenwFrert (2021-06-13 00:37) 

TimothyDratt

Trực Tiếp Soccer Ngày Hôm Nay, Link Coi Bóng Đá Trực Tuyến 24h<a href="https://murraystivoli.com/detail/xoi-lactv-94244.html">xôi lạc tv</a>Trong khi đó, bên trên mặt trận tấn công, tuyển futsal Việt Nam không có quá nhiều các trộn phối hợp mang tính đột biến. Những đường lên bóng của các học trò HLV Phạm Minh Giang dễ dàng bị đối phương ngăn chặn. Phải đến phút thứ 11 của hiệp 2, Lê Quốc Nam mới tung ra cú sút mang bóng đi chệch sườn thành đối phương. Tuy nhiên, Bruno Fernandes vẫn sung sức và sẵn sàng góp MU đánh bại Soton. VTV.vn - Minh Vương và Công Phượng lập công góp HAGL kế tiếp giữ vững vàng ngôi đầu bên trên BXH. HLV Real, Zinedine Zidane thừa nhận thất bại trong cuộc đua La Liga cùng với đối thủ
by TimothyDratt (2021-06-13 00:45) 

Louisweaby

Бесплатное <a href=https://naebal.online/>домашнее порно в миссионерской</a> онлайн в HD качестве. » Жесткое порно. Зачем нужен премиум доступ? <a href=https://naebal.online/categories/%D0%94%D0%BE%D0%BC%D0%B0%D1%88%D0%BD%D0%B5%D0%B5/>пьяни анал домашнее порно</a> Дозволение 4K Ultra-HD ради обеспечения принципиально https://naebal.online/categories/%D0%9C%D0%B0%D0%BC%D0%B0+%D0%A1%D0%BE%D1%81%D0%B5%D1%82+%D0%A1%D1%8B%D0%BD%D1%83/ нового качества ... Мочь просматривать и скачивать видео в 4К качестве.
by Louisweaby (2021-06-13 02:16) 

RaymondEmeli

Смотри бесплатную <a href=https://heroporn.top/>домашний порно чат</a> разного жанра круг день. Отличные порно ролики с <a href=https://heroporn.top/categories/%D0%95%D0%B1%D0%BB%D1%8F/>порно ебля старушек</a> полными сценами, https://heroporn.top/categories/%D0%9C%D0%BE%D0%BB%D0%BE%D0%B4%D0%B0%D1%8F/ совершенно единственно сочное.
by RaymondEmeli (2021-06-13 02:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。